メジロたちの守り神?

a0319263_19584072.jpg

庭のキンモクセイにベースキャンプを張っているメジロたちのために、すぐ近くのハナミズキレインボーの枝にミカンや柿を刺しています。
a0319263_2029946.jpg
ところが、たびたびヒヨドリたちがやって来て、メジロたちを追い払い、ミカンや柿を食い散らかして、まだ刺したばかりのものまで地面に落としたりして台無しにしてしまいます。
あんまりひどい時は僕がデッキに出てヒヨドリたちを追い払ったりしていますが、その時には逃げて行ってもすぐにまた戻ってきます。
困ってしまいましたが、ちょうどデッキにいたムー太に ハナミズキレインボーのすぐ横の手摺に座ってもらって、睨みを効かせてもらうことにしました。
a0319263_20442165.jpg
a0319263_20443079.jpg
効果はてき面でした。ムー太がいる間、ヒヨドリたちは やって来ませんでした。
しかも、メジロたちは平気でご馳走をついばんでいました。ヒヨドリほど警戒心が強くないようです。
ミカンや柿は手摺とは反対側の枝に刺してあり、その間には小枝がたくさんあって、実際 手摺の場所からそこへは行けません。
これは良い方法だと思いましたが、ムー太がいつまでもそこにいるわけではなく・・・。(^^ゞ
まあ、ムー太がデッキにいる時は、極力手摺に座ってもらおうかと。
a0319263_20553437.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-01-16 21:04 |
<< たっくん ふたたび こんな朝は入り江へ行こう >>