子ねこ園 久々

a0319263_20573123.jpg
久しぶりに子ねこ園です。朝から夕方までお預かり。
a0319263_20592227.jpg
コジローが子ねこの頃に似ていますが、女の子です。
a0319263_2103954.jpg
a0319263_2105160.jpg
子ねこが来ると、ノンがやって来ます。
a0319263_2121039.jpg
欲しくても子ねこのものには手が出せない。
a0319263_21386.jpg

a0319263_2133287.jpg
a0319263_2134511.jpg
a0319263_2141555.jpg
モモも小さいけど、それよりもずっと小さい。
a0319263_2143655.jpg
元気で人懐っこくて良い子でした。
a0319263_2153673.jpg
a0319263_21553100.jpg



ジョビッチはきょうも朝から頻繁にやって来ました。
a0319263_217519.jpg
来る回数が多いので、ミルウォームがすぐになくなりそう。
a0319263_219097.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-26 21:13 |

ジョビッチ

縄張り争いも一応の決着がついたようで、きょうからあの ♂ ジョウビタキが頻繁に僕の窓辺に飛んで来るようになりました。
a0319263_2211894.jpg
ということで、名前を付けました。 「ジョビッチ」
♂ のジョウビタキの名前には、「ジョ」 とか 「ジョビ」 というのを入れるというのが 初代の 「ボン★ジョビ太」 からずっと続いている伝統ですが、今回もそれに従いました。
何だか、テニスの世界ランキング1位の人とか、サッカーのセルビア代表のメンバーのような名前ですが。(^^ゞ
a0319263_22161764.jpg
でも、これで安泰というわけではありません。
昨シーズンの ♂ の 「ジョー・オダギリ」 は、大晦日に縄張りを ♀ の 「しのぶちゃん」 に乗っ取られました。(^^;
a0319263_22184310.jpg
がんばって 縄張りを守るそうなので、よろしく!
a0319263_2225436.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-25 22:31 | 野鳥

日岡兼三展 その1 (追記あり)

【追記】 日岡兼三の作品を http://akagenowan.exblog.jp/25755844/ にまとめてアップロードしました。

a0319263_19172382.jpg
30年以上前にディスカウントショップで買ったポップスのまがい物CD(200円くらいの ママス&パパス)が出てきました。
聴いてみようかなと思ったら、コーティングが虫食いのように剥げていました。(^^;    これはこれで、見ていて楽しい。
a0319263_19263744.jpg



きのう、画家の故・仲矢勝好さんのお宅を訪ねました。奥様といろいろお話しましたが、その中で 奥様が、
「ムー太さんは 日岡兼三という人をご存知?」 「いいえ、知りません。」
「とても素晴らしい作品を描かれた人ですよ。57歳で亡くなったんですけど。
24日から高鍋の美術館で作品展があります。ぜひご覧になって。 ムー太さんが大好きな感じの作品よ。」
ということでしたので、早速きょう 高鍋町美術館へ行ってきました。

a0319263_21113945.jpg
a0319263_21115046.jpg

おっしゃった通りでした。この人の作品、大好きです。 どれも大変密度の濃い充実した作品ばかりで、見入ってしまいました。ブルーの美しさ!
しかもこの人、僕が住んでいるところのわりと近くにおられたのでした。全然知らなかった。
それから、この日岡兼三さんのことは、漫画大賞2015を受賞した東村アキコさん(この人も宮崎市出身)の自伝的漫画「かくかくしかじか」に描かれているそうです。

                    http://matome.naver.jp/odai/2143117040205164401

                    http://www.samurise.co.jp/580


天気も良かった(と言うか 暑いくらい)ので、帰りに西都原の方にまわって、木陰でお弁当を食べました。
1週間前に NHK-BS で、田中泯さんが出演する 「トナリのウチュウ」 という番組を見ましたが、「虫の目線で」ということで、地面にカメラを置いて写真を撮ってみました。
a0319263_22265664.jpg
a0319263_22271159.jpg
落としたごはん粒に、あっという間にアリたちが群がり、またたく間に長い行列ができました。連絡の早さにびっくり。
a0319263_22302886.jpg


ジョウビタキは、まだ複数の声が聞こえます。まだ決着がつかないか。
[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-24 22:36 | 美術・アート

来た!

きのうの早朝、外でジョウビタキの声が聞こえました。外に出てみましたが、姿は見えませんでした。
慌ててミルウォームを買いに。 7時半くらいでしたが、いつもミルウォームを買う近くの D.I.Y. のお店は 早朝から開いているのです。
(しかも早朝のお客には菓子パンのプレゼントがあります。きのうはクリームパンでした。約150円の買い物だったのですが。)(^^ゞ
a0319263_17113330.jpg
帰って早速餌場を設置しました。
a0319263_17123968.jpg
でも、結局きのうは、夕方また声を聞いただけで、姿は見れませんでした。


一夜明けてきょうは、朝から何だか外が騒がしい。
a0319263_17275861.jpg
窓から見渡してみると、ちょっと離れた屋根の上にジョウビタキらしい鳥影が。 とりあえず写真を撮りましたが、遠すぎて、300mm のレンズを使っても ↓ この程度。
a0319263_17332418.jpg
拡大して見ると、ジョウビタキ♀ かな?
a0319263_17343615.jpg
さらにカメラで追って行くと。 あ!、2羽いる!
a0319263_17452978.jpg
♀ と ♂ だ!
a0319263_174641100.jpg
縄張り争いか。
ジョウビタキの哀しいサガで、ジョウビタキは一つの縄張りに1羽だけ。ツガイであっても縄張りは別々です。 だから、この ♂ と ♀、ひょっとしたらツガイかもしれません。
a0319263_17474341.jpg
♂ が優勢のようです。
a0319263_1750529.jpg
♀ を追い払った ♂ は、勝ち誇ったように屋根の上へ。
a0319263_17551652.jpg
スズメがやって来て祝福?
a0319263_1756969.jpg
そこへまたもや ♀ のジョウビタキがやってきましたが、こんどは何と、スズメが追い払いました。
a0319263_17583696.jpg
♂ のジョウビタキ、スズメを味方に付けていたのか。(^^;
a0319263_1802972.jpg
ちょっと落ち着いたのか、擁壁のピラカンサスで一息。
a0319263_1821466.jpg
ジョウビタキの大好物です。
a0319263_1831718.jpg
あちこちに向かって、しきりに大声で、“ぼくの縄張りだ” と主張しています。
a0319263_181842100.jpg
でも、なかなかすんなりとは行かないでしょう。 きょうの ♀ ジョウビタキもまだ諦めていないかもしれないし、また別のジョウビタキがやって来るかもしれません。
お正月くらいに縄張り主が変わったこともあります。鳥の世界もキビシイ。
a0319263_1823408.jpg

今年のジョウビタキもまた、ちょくちょく僕の窓辺に遊びに来てくれるようになるといいなあ。
a0319263_18251187.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-21 18:35 | 野鳥

エリック・ドルフィー

好きなジャズ・ミュージシャンはたくさんいるけど、その中でも特に好きなのが エリック・ドルフィーという人。
エリック・ドルフィーはマルチ・リード・プレーヤーで、アルト・サックスのほかにバス・クラリネットやフルートも演奏します。
今でこそバス・クラリネットを演奏するジャズ・プレーヤーはたくさんいますが、僕が知る限りでは、クラシックの楽器であるバス・クラリネットを
ジャズの主要楽器として用いたのは、エリック・ドルフィーが最初ではないかと思います。
a0319263_1229212.jpg
a0319263_12291134.jpg

エリック・ドルフィーを初めて聴いたのは高校生の頃で、FMから流れた「Number Eight」でした。
はじめ、「何だろう、この音楽は!」と 呆気にとられましたが、カミソリのように鋭い切れ味のアルト・サックスのソロにとても魅かれました。
その演奏が忘れられず、レコードを買いました。
a0319263_12304554.jpg
このレコードは、エリック・ドルフィーと トランペットのブッカー・リトルの双頭のクインテットの演奏で、リズム・セクションは、マル・ウォルドロン(p)、
リチャード・デイヴィス(b)、エド・ブラックウェル(ds)。1961年7月16日、ニューヨーク、ファイヴ・スポットでのライブを収録したものです。
曲目は、A面「Number Eight」、B面「Booker's Waltz」の2曲だけですが、十分に濃い内容のレコードです。
このレコード、何度聴いたことかわかりませんが、このライブでメンバー5人とも鬼気迫るようなものすごく充実した演奏をしています。
あとからいろんなことを知りましたが、このメンバーで演奏したのは ほんの短い間でした。クインテットを組んだその年の10月にブッカー・リトルが
急逝したからです。23歳という若さで。 その3年後、エリック・ドルフィーも36歳で亡くなりました。
2人の天才を擁した双頭クインテットの活動期間がそんなに短かったのは本当に残念ですが、このファイヴ・スポットでのこの日のライブ演奏は
PRESTIGE レコードにより記録され、3枚のLPになって残りました。
a0319263_1232971.jpg

ブッカー・リトルも、その若さが信じられないくらいとてもうまくて優れたトランペッターです。クリフォード・ブラウンを彷彿させます。
エリック・ドルフィーも基本はチャーリー・パーカーでしょうが、思いっ切り自由でハジケテいます。でも彼のジャズはフリーフォームジャズでは
ありません。ビーバップのスタイルにきっちり納まりながら、どこまでも自由です。決まった枠の中で自由にやる。
枠の大きさと その中でやれることの自由度とは比例しない。決まりごとがあると自由にはできないということではない。
クラシックでは、演奏家は皆同じ楽譜で演奏したとしても、同じ演奏はない。作曲家は、ソナタ形式という決まりごとの中でもどこまでも自由を膨らませられる。

この奇跡のようなコンボが、ブッカー・リトルの死で わずか数ヶ月しか活動できなかったとは・・・。
「Number Eight」の演奏中、ベース・ソロの途中でかすかに電話のベルの音が聞こえます。(レコードでは聞こえたのだけど、CDや Youtube では
よく聞こえませんが。) 1961年7月16日のこの演奏の最中に ファイヴ・スポットに電話をかけた人がいたんだなあ。友だちが来ていないか聞いたのか、
または、「もうエリックの演奏は始まったかい?」「今まさにやってるよ」と、受話器をステージに向けた とか、いろいろ想像したものでした。

          「Number Eight」 → https://youtu.be/u0EL5d59u_4
a0319263_12331024.jpg

エリック・ドルフィーが実際に演奏をする映像を見たのは、Youtube が初めてです。ジョン・コルトレーンのクヮルテットに加わって「Impressions」を演奏
していました。コルトレーンのソロに続いてソロをとったドルフィーは、画面がくすんでいたせいもあるかもしれませんが、地中から這い出してきた悪魔が
いともたやすく この曲に強烈なスパイスを加えたように見えました。

                    

エリック・ドルフィーの演奏は、フルートも良いのですが、バス・クラリネットでのプレイがたまらなく好きです。

                    

エリック・ドルフィーのスタイルを真似てみようとしたミュージシャンはたくさんいたそうですが、エリック・ドルフィーのようにやれたという話は聞いたことがありません。
形は全然違いますが、モーツァルトみたいです。   「いかにも美しく、親しみやすく、誰でもまねしたがるが、一人として成功しなかった。
幾時か誰かが成功するかもしれぬというようなことさえ考えられぬ。元来がそういう仕組みにできあがっている音楽だからだ。はっきり言ってしまえば、
人間どもをからかうために、悪魔が発明した音楽だ。」(エッケルマン、「ゲエテとの対話」 1829年)

死の3週間前に録音されたアルバム、「LAST DATE」。もともと放送のための録音で、レコード化の予定はなかったそうですが、ラスト・アルバムとして
発売されました。  エリック・ドルフィーにしろブッカー・リトルにしろ、あまりにも短い人生ですが、その短い間に、強烈で偉大な伝説をつくりました。

          「LAST DATE」 より 「Epistrophy」 → https://youtu.be/XUvz0FJzB_s
a0319263_13152484.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-18 13:47 | 音楽

いよいよこの季節

最近、窓からの景色を注意深く観察しています。10月はジョウビタキがやって来るので。
今年は男の子かな、女の子かな。今年も仲良くなれるかな。 そんなことを考えながら眺めています。

今朝、窓を開けると。
a0319263_1583295.jpg
お向かいのフェンスの上にトカゲが。
a0319263_159654.jpg
おはよ。
a0319263_1593053.jpg


昼間も半袖Tシャツではちょっと寒くなってきました。
a0319263_15101075.jpg
a0319263_15102037.jpg
a0319263_15103329.jpg
a0319263_151048100.jpg


例のちっちゃいダンボールに、きょうはノンが無理やり入っていました。
a0319263_15121446.jpg
a0319263_15122344.jpg
なんぼなんでも狭いじゃろ。
a0319263_1513097.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-12 15:20 |

三毛猫のかつ枝 ふたたび

このまえの日曜日の朝、窓を開けると、冷たい空気と一緒にほのかな良い香りが部屋に流れ込んできました。
庭を見ると、いつの間にかキンモクセイが満開になっていました。
a0319263_1564114.jpg
a0319263_1565095.jpg

良い香りだね。
a0319263_1573462.jpg
a0319263_1574525.jpg
風に乗って部屋の中にも良い香りがいっぱいに広がります。 ここ数日、とてもさわやかな気分です。
a0319263_15103724.jpg
庭の外の通りにも香りは広がっています。
a0319263_15112770.jpg
a0319263_15113985.jpg
ついでに・・・、2階にも。
a0319263_15121735.jpg


先日、電話機を新しいものに取り替えました。その空き箱、猫にはちょっと小さいかなと思いましたが、一応置いていたら、チビ猫が入っていました。
a0319263_1515946.jpg


おとなり(南隣り)に新しい家族が引っ越して来られました。まだ小学校前の子供が3人(6歳4歳の男の子と2歳の女の子)がいて、毎日楽しそうな賑やかな声が聞こえてきますが、
きのうの夕方、その3人がやって来て、「みかん狩りに行ったよ!」と みかんを持って来てくれました。 とてもうれしい大切なみかん、まずは仏様にお供えしました。
a0319263_15271423.jpg



ところで、きのう 「excite.ニュース」 を見ていたら、あの 「あまちゃん」 に出ていた 三毛猫のかつ枝 の記事が出ていました。
あの猫は、「ドロップ」 という名前の女優猫で、10/10(土)公開の 『先生と迷い猫』 という映画に出ているのだそうです。 面白そうな映画です。
ちなみに、「ヨルタモリ」 で いつも スナック「WHITE RAINBOW」 の前の路地にいた猫もこの 「ドロップ」 だったのだそうです。

http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20151008/E1444234809227.html



          



上の予告動画を Youtube で見ていたら、ほかにもいろいろ映画を見つけました。
荻上直子監督の 「レンタネコ」。ちょっと前にBSで見ましたが、面白かったです。 → https://youtu.be/b2yA1QcRqnc

それから、なつかしい映画を見つけました。 「フライド・グリーン・トマト」。今は亡きジェシカ・タンディ主演の映画です。
ジェシカ・タンディのお婆さん役がとても好きで、モーガン・フリーマンと共演の 「ドライビング Miss デイジー」 とこの 「フライド・グリーン・トマト」 は、僕が最も好きな映画です。
Youtube の 「フライド・グリーン・トマト」 は、画質もとても綺麗で、日本語字幕付でした。 → https://youtu.be/HoSz6QTn9-k
[PR]
# by muuta2005 | 2015-10-09 16:48 |

秋らしく

猫たちの生活を見ていると季節がわかる。
a0319263_23251392.jpg
a0319263_2325412.jpg
くっつくのが気持ちよくなってきたようで。
a0319263_23265035.jpg
a0319263_2327319.jpg
a0319263_23271886.jpg

秋の夜長は
a0319263_23275868.jpg
キトは相変わらずプレーヤーやスピーカーがお気に入りのベッド。
a0319263_23293231.jpg
a0319263_23294152.jpg
a0319263_23295326.jpg
ココのベッドは製図台。
a0319263_23304099.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-29 23:34 |

ターシャ・テューダー展

ターシャ・テューダー展 に行ってきました。
a0319263_21142622.jpg
a0319263_21144142.jpg

あれ からもう7年が経つんですね。 生きていれば100歳だそうです。
a0319263_21165346.jpg

展示会では、ターシャが生前いつも生活に使っていた道具、身に着けていた服、絵を描くのに使っていた道具、読んでいた本、そのほかありとあらゆるもの、実物が多数展示されていました。
手押しポンプのあるキッチンなどもそのまま展示されており、ターシャの暮らしの中にほんの少しだけ入って行く実感がありました。 (写真は図録から)
a0319263_21291066.jpg
a0319263_21293277.jpg

ドール・ハウスの部屋では、今見てきたばかりの家具や道具が、そのままちっちゃくなってそこにありました。目の前のガラスケースの中の部屋は、見ているだけで楽しい気分にさせてくれます。
a0319263_21363260.jpg
a0319263_21364530.jpg
a0319263_21365520.jpg

たくさんのターシャの絵本や原画、そして、会場の一角に、ほんの一部ですが ターシャの庭が再現されていました。
a0319263_21414796.jpg
a0319263_21415963.jpg
a0319263_2142112.jpg

ターシャの庭に S子あらわる。(^^;
a0319263_21432283.jpg

ターシャ・テューダーと言えばコーギー。
a0319263_21455195.jpg
でも猫もいます。 ちょっとモモに似てる。
a0319263_21465530.jpg
おまえ、ターシャのところにいた? (シッポがちがう)(^^ゞ
a0319263_21482443.jpg

図録のほかに、絵本を1冊買いました。
a0319263_21493693.jpg
a0319263_21495378.jpg
a0319263_215087.jpg
a0319263_2150245.jpg
a0319263_21504266.jpg
a0319263_21505878.jpg
a0319263_21511552.jpg
a0319263_21513127.jpg


a0319263_21515218.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-25 22:02 | My favorite

カラヤン、1971年のチャイコフスキー第5番

秋らしい気持ちの良い季節になりました。きょうも朝から良い天気。
a0319263_21301750.jpg
a0319263_21313695.jpg
昼寝をしても気持ちが良い。
a0319263_21321555.jpg
a0319263_21322735.jpg

この季節、空気の具合も良くなって、ステレオの音も澄んだ良い音です。いつもにも増して、僕の部屋では音楽が鳴り響いています。
窓の下にも音楽を聴いている(?)猫が。
a0319263_21333131.jpg
振り向くと、さらに2匹。
a0319263_21344227.jpg
a0319263_21345493.jpg



ところで僕は、これまであんまりカラヤンの演奏を聴いていません。好みもあるのですが、僕が本格的にクラシック音楽を聴くようになった高校生の頃、
モーツァルト、ベートーベン、ブラームスなどが中心でしたが、よく聴いていたジョージ・セルやカール・ベームに比べて カラヤンの演奏はどうもしっくり
きませんでした。っていうか、セルやベームの演奏みたいに感動できませんでした。
僕が好きなのは、うまく言えませんが、芯のしっかりした演奏、淡々とした演奏と言うか、きちんとした演奏で、スマートさとかはあまり必要ない。
淡々とした演奏からじゅわりじゅわりと感動が沸いてくるという感じが好きです。

ということで、全体的にはカラヤンのレコードやCDを聴くことは少ないのですが、チャイコフスキーはカラヤンの演奏がいちばん好きです。(ほかにも
リヒャルト・シュトラウスなど カラヤンの演奏もよく聴きます。)
もう40年くらい前のこと、NHK-FM で チャイコフスキーの交響曲第5番が流れていました。それはもう、感情の爆発、圧倒的なパワーを持った演奏で、
ひどく心を揺さぶられました。演奏していたのは ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー。
ところがその時点で、カラヤン/ベルリン・フィル は、この曲をもう何回も録音しており、いったいどのレコードなのか、ということになりますが、当時僕は
「FMfan」という雑誌を定期購読しており、それには詳細なFM番組表が載っていて、放送で使われる全ての曲のレコードのレーベルと品番が出ていました。
僕が聴いた チャイコフスキーの交響曲第5番 は、カラヤン/ベルリン・フィル が 1971年に録音したもので、いつものグラモフォンではなく EMI から
レコードが出ていました。さっそくレコード屋さんに買いに行き、このレコードは僕のチャイコフスキーの愛聴盤になりました。
基本的には淡々とした演奏が好きで、悲しさも、泣き喚くより、じっと涙をこらえてより深く悲しみを表現するような演奏が好きなのですが、チャイコフスキー
の場合は、本人が、楽譜に fffffffff・・・ と 無数のフォルテを書き込むような人ですから、その曲の演奏は、やはり感情の爆発ということになるのでしょうか。
a0319263_2135536.jpg
a0319263_21361292.jpg

CDの時代になってから、グラモフォンから出ている カラヤン/ベルリン・フィル の チャイコフスキー後期交響曲集の復刻盤を買いました。この中の第5番は
1975年の録音。こちらも良い演奏ですが、1971年ほどハヂけてはいません。
a0319263_2137496.jpg

風の便りに、1971年録音の第5番は 良い音になってCDに復刻されているということを知り、最近買いました。良い音になっているのだとは思いますが、
CDで聴くと、逆に、古い録音なのだなあということを感じました。(^^; ジャケットはオシャレになっていました。
a0319263_21375775.jpg

Youtube に この 1971年録音のチャイコフスキー 交響曲第5番 がありましたので、リンクしておきます。

          

カラヤンと言えばベルリン・フィルですが、1959年から 1960年代にかけて、ウィーン・フィルとも DECCA からたくさんのレコードを出しており、良い演奏が
多いです。そして、晩年の 1980年代、再びウィーン・フィルを指揮して グラモフォンから20枚くらいレコードを出しています。その中にはチャイコフスキーの
交響曲もありましたが、聴いたことはありませんでした。
が、先日 amazon を見ていたら、その カラヤン/ウィーン・フィル の チャイコフスキー 交響曲第5番 のCDの中古品が1円で出ていたので買いました。
送られてきたCDは、1円でもほぼ新品でした。
a0319263_21504111.jpg
a0319263_21522751.jpg

さすがにこの チャイコフスキー は、感情の爆発はなく、円熟と言うか、枯れた第5番でした。
[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-18 22:13 | 音楽

山口晃展

きょうは猫たちにはお留守番をお願いして、
a0319263_21371389.jpg
天気も良かったので S子とドライブ。
a0319263_21381129.jpg
久しぶりに 霧島アートの森へ行ってきました。
a0319263_21392055.jpg
a0319263_21393272.jpg

先日も日曜美術館で特集されていた話題の人 山口晃の 「山口晃展 汽車とかたな」 です。
a0319263_21413185.jpg

山口晃の作品は、大和絵や浮世絵風に不思議な世界を描いた本格的絵画からイラストや漫画まで多岐に渡りますが、会場で2作品だけ撮影可と言われた作品は、
どちらも立体作品でした。  その一つは、絵の中にも出てくる小さな電車。6人乗りだそうです。この電車は路地裏も走ります。
a0319263_2155181.jpg
a0319263_2155301.jpg
a0319263_21554061.jpg

そしてもう一つは、一畳の広さの小さい茶室。
a0319263_21595917.jpg
a0319263_2201650.jpg
ちゃんと置き床もしつらえられています。とても落ち着けそう。
a0319263_2223619.jpg
a0319263_2225648.jpg

とても綿密に描き込まれた作品が多いので、大きい画集を買いました。
a0319263_225958.jpg
虫眼鏡で見ても細かい部分までビッシリ描き込まれていて、しかも昔と現代が入り乱れた独特の世界です。
a0319263_2294822.jpg
a0319263_2210181.jpg
a0319263_22101641.jpg

こんなロープウェイ、乗ってみたい。
a0319263_22115449.jpg

劇画タッチの「無残ノ介」・「続・無残ノ介」、日曜美術館では一部だけ見せて、「続きは会場で」 ということでしたが、きょう会場で全編見ることができました。
a0319263_2217392.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-10 22:27 | 美術・アート

金運のキンちゃん

綾町の直販センターに野菜を買いに行きました。
直販センターの敷地内には池があり、大きな鯉がたくさん泳いでいますが、その中に一匹、黄金の鯉がいます。
a0319263_17204913.jpg
a0319263_1721815.jpg
S子はこの鯉が大好きで、ここに来るたびに会いに行って、勝手に“キンちゃん” と名前を付けて呼んでいます。
この鯉と仲良くすると金運がアップすると勝手に思い込んでいるのです。
a0319263_1725245.jpg
a0319263_17253319.jpg
先日S子が良い夢を見たそうです。
原っぱを歩いていたら、100円玉が落ちていたそうです。見ると、あっちにもこっちにも小銭が! 野原のあちこちで小さなかわいい花を見つけたように。
S子は大喜びで夢中になって拾ったそうです。そのうれしい気持ちを残したまま目が覚めたそうで。
でも、S子や僕にとっての金運とは、夢の中でも小銭レベルなのね。  たしかに、小銭(特に銀色の)をたくさん持っていると、何だか心が豊かになります。

しばらく鯉を見ていたら、トンボがとまっているのに気が付きました。
a0319263_1739556.jpg
ハグロトンボ
a0319263_17394486.jpg
a0319263_17395825.jpg



好きな言葉は、「果報は寝て待て」。
a0319263_17414027.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-03 17:48 | S

ユキヒョウ

先日テレビで、モンゴルのアルタイ山脈へユキヒョウを探しに行くという番組を見ました。 それ以来、ユキヒョウにどんどん興味が沸いてきています。
ビッグキャットの中ではチーターが特に好きでしたが、ユキヒョウも大変魅力的です。 チーターとは対照的に、短くて太い足。
長~くて太いシッポでバランスを取りながら、這いつくばるように重心を低くして崖のような岩場を自由に走りまわる姿は壮観です。 カッコ良くて美しい。

     http://www.nhk.or.jp/nature/video/29262.html

a0319263_22374957.jpg


どうしても本物が見たくなり、日本の動物園にいるのかどうか調べてみたら、全国で数ヶ所の動物園にいることがわかりました。
九州では、熊本市動植物園にいるようです。近いうちに行って会ってきたいと思っています。
年内はあと、鹿児島に2回行く予定(いずれも美術館)がありますが、熊本市動植物園にもぜひ年内に行きたいなあ。
(ユキヒョウの画像は無料画像素材のサイトからいただきました。)
a0319263_2247090.jpg
a0319263_22472128.jpg


うちのキトも・・・
a0319263_2248561.jpg
このあたりがちょっとヒョウ。
a0319263_22484973.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-09-01 22:52 |

ベートーベンの交響曲全集

a0319263_12483148.jpg

今年は母の初盆でしたが、僕の叔母のところも初盆でした。昨年暮れに叔父が亡くなったのです。
この叔母は父の妹で、母と同じ歳で今年86歳、僕がいちばん好きな叔母です。今でも僕のことを “けいすけちゃん” と呼びます。
父方の叔父叔母は、もうこの叔母一人だけになりました。
叔父の葬儀の朝、叔母の家族(叔母、子供(僕の従兄弟)、孫、ひ孫)だけでの出立の膳に、僕も呼ばれ、一緒に食事をしました。
そこで叔父の思い出を語り合ったりしましたが、僕にもこの叔父の忘れられない思い出がありました。
叔父はとても忙しい人で 滅多に会うことがなかったのですが、僕が高3のお正月に会った時にお年玉をもらいました。
その当時、お年玉の相場は1000円くらいでしたが、叔父がくれたのは 3000円。びっくりしました。
 (話を聞いていた従兄弟たちが、“えぇ~っ!オヤジがそんなにくれたの?!”)

その頃、僕には欲しくてたまらないのだけど、あまりにも高価で とても手が出ずにいたものがありました。
当時僕は カール・ベームという指揮者に夢中で、特にモーツァルト、ベートーベン、ブラームス、シューベルトなどの交響曲を
好んでベームの指揮したレコードで聴いていました。と言っても、僕が持っていたのはベームがベルリン・フィルを指揮した
レコード数枚だけで、ごく限られた曲だけでした。
そんな時、ドイツ・グラモフォンから ベームが新たにウィーン・フィルを指揮して録音したベートーベンの交響曲全集が発売されました。
もう、死ぬほど欲しいと思いましたが、9枚組、15000円というのは当時の僕には夢の夢。
いちばんのかき入れ時のお正月でも、せいぜい5~6000円でしたから。
ところが、叔父からのお年玉で夢が現実に近付きました。その年のお年玉の合計は10000円ほどになりました。
僕の行きつけだったレコード屋さんの店員にとても仲良しのおねえさんがいて、“セットものなど高額の買い物になるときは
私に言ってもらえば2割引きで出してあげますよ。”と言われていました。 15000円 x 0.8 = 12000円!!
おこづかいの前借りなど何とか工面して、夢の交響曲全集は僕のものに! 叔父さん、ありがとう!!

この交響曲全集で僕は9曲を万遍なく聴きまくりました。(大学入試直前だというのに)(^^;
スコアを見ながら丁寧に聴きました。ベートーベンの交響曲全9曲をしっかりと頭に叩き込んだのはこの時でした。
ベートーベンの9曲は、全体を見渡して聴くと とても面白いのです。
1~4番は、もちろんベートーベン色ではありますが、ハイドン、モーツァルトの交響曲からの流れも感じます。ところが5番、6番は
とても革新的。それから7番、8番でちょっと元に戻り、第9で締めくくりです。
1975年のカール・ベーム指揮ウィーン・フィルの日本公演もそうでしたが、ベートーベンの4番と7番の組み合わせという
プログラムがあります。このプログラムはとても自然な流れで聴けると感じますが、普通ならば7番は4番につながって行くという
考え方もできるのではないかと思います。
a0319263_12491820.jpg
a0319263_12493460.jpg
a0319263_12494457.jpg

社会人になって、世はCDの時代になり、レコードのCD復刻盤も出回るようになって、僕は新たにベートーベンの交響曲全集を買いました。
ハンスシュミット・イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルの復刻CDのセット。6枚組で10000円。
この組み合わせのベートーベンは、5番、7番、8番のレコードを持っていましたが、とても好きな演奏でした。
よく、“正統的なベートーベン” “ベートーベンのスタンダード” と言われますが、まさしく揺るぎないベートーベンだと思います。
a0319263_12502382.jpg
a0319263_12503388.jpg

ここ数年ほど、Collector's Edition と呼ばれるセットものが発売され、かつての全集ものの復刻CDがとても手に入りやすくなりました。
値段がとても安い上に音質も向上しています。それで、ベーム指揮ウィーン・フィルのベートーベン交響曲全集も、復刻CDでも買い直しました。
6枚組、3254円。
a0319263_1251880.jpg
a0319263_12511971.jpg

そして、ある意味ベーム以上に僕を熱狂させている、ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団のセット。5枚組、1835円!!
昔、欲しくてもなかなか手が出なかったレコード1枚分より安い!!
確かに録音は古いですが、そんなことは全く気にならないくらい引き締まったキレの良い、しかも深みのある演奏。
セルのセットは、一日で9曲全部聴いてしまうことが多いです。何度聴いても引き込まれる。
一つだけ選びなさいと言われたら、多分このセットにするでしょう。
a0319263_12515615.jpg

それからもうひとつ、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデンのセット。5枚組、2590円。
西がウィーン・フィルなら東の横綱シュターツカペレ・ドレスデン。西のオーケストラとはまた違った独特の美しさと渋さ。
このオーケストラ、ピッチが少しだけ高いこともあるのかもしれませんが、本当にほかのオーケストラにはない響きです。
ブロムシュテットの端正な組み立ても気持ちが良いです。
a0319263_12523836.jpg

僕が残りの人生で聴くベートーベンの交響曲は、もうこれで十分かなと思います。
a0319263_12532388.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-23 13:06 | 音楽

初盆

a0319263_18305747.jpg

昨年7月に亡くなった母の初盆。 あっという間の一年でした。
昨年設置した当家の仏壇にとっても初めてのお盆。今年から両親にも当家に帰って来てもらうことになりました。
「にも」と言うのは、これまでもたくさんの猫たち犬たち、クワガタやサカナたちも帰って来ているかもしれないので。
a0319263_1840537.jpg


きょうも、まあまあの過ごしやすい一日でした。
a0319263_18424774.jpg
a0319263_18425685.jpg
a0319263_1843669.jpg
a0319263_18431512.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-15 18:46 |

シェア・フトン

きょうは曇りで、まあまあ過ごしやすい一日でした。
a0319263_17401378.jpg
a0319263_17402257.jpg
a0319263_17403315.jpg

夜は夏恒例の寝ゴザを敷いて寝ています。例によってココとキトも一緒に。
彼らが好き勝手な場所に寝ると、僕がまともな体勢で寝られなくなるので、お互いの寝る範囲を決めました。
君たちはタオルケットの範囲に寝てね。  今のところ、守ってくれています。
a0319263_1749396.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-14 17:53 |

ノンはいつもここにいる。

暑い日が続き、目下ノンのいちばんのお気に入りの場所は、玄関。
a0319263_2161951.jpg
a0319263_2162975.jpg
a0319263_2163840.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-13 21:08 |

夕方は天国

暑い昼間を乗り切れば
a0319263_21154982.jpg
a0319263_2117348.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-08 21:18 |

ただ単にアクリル板が好きなだけだった。

夕方になると、南デッキも快適になるようです。
a0319263_1924929.jpg
蚊さえいなければ、僕もここで過ごしたい。
a0319263_20594090.jpg


ところで、昼間はほとんど外で過ごすココとキトも、時々帰って来て窓から僕の部屋に入ります。
たいていは小腹が空いた時で、オヤツをちょっと食べるとまた出かけて行きます。
ところが最近キトは、オヤツを食べたあともすぐには出かけず、しばらく寛いで行くようになりました。お気に入りのレコードプレーヤーの上で。
a0319263_19304236.jpg
a0319263_19305487.jpg
でも、レコードプレーヤーということに特にこだわりはなく、ただ、アクリル板のフタのヒンヤリツルツル感が気に入ってるだけのようです。
a0319263_20561758.jpg
あっ、いつの間にかココが。
a0319263_20565574.jpg
a0319263_205757.jpg
ノンも来た。
a0319263_20573061.jpg
a0319263_20573913.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-08-03 21:02 |

テレビ

先日の記事にも書きましたが、僕の部屋に 見れるテレビが入りました。 「見れるテレビ」と書いたのは、これまで僕の部屋には見れないテレビを置いていたからです。
地デジ放送が始まってから見れなくなった旧式のデカいテレビ、その上が猫たちの寛ぎの場になっていたので、そのまま置いていたのです。
こんどのはちゃんと見れる液晶テレビです。
a0319263_23422898.jpg
じつはこのテレビ、リビングで使っていたものなのです。このテレビがだんだん調子悪くなって、ちょっとまともに見れない状態になり、急遽新しいテレビを購入しました。
壊れた方のテレビを処分しなくちゃと思い、取り扱い説明書などを引っ張り出していたら、保証書が出て来て、見ると5年保障で、まだ保障がギリギリ効いてた!
メーカーに連絡したらすぐに来てくれました。原因がはっきりせず、とりあえず基盤をそっくり新しいものに取り替えました。それでもまだ不具合があり、
こんどは電源部のボード、さらにB-CASカードが入る部分のボードと、次々に新しいものに取り替えて行き、とうとう中身はすっかり新品になって、不具合もなくなりました。
「すみませんねえ、すっかり取り替えてもらって。」 と言うと、「保障期間内ですから全然大丈夫ですよ。」 と。
というわけで、ボディと液晶以外 中身は全くの新品になって僕の部屋にやって来たわけです。僕の部屋にはちょっと大きすぎますが。
a0319263_016242.jpg

テレビのスペースを取るために、それまで横向きに寝かせて置いていたスピーカーをたて置きにし、左右のスピーカーの間隔も1メートルほど広くなりました。
当然音も変わります。
a0319263_6344668.jpg
たて置きで、重いスピーカーの荷重がこれまでより小さい範囲に集中するので、カラーボックスの上に厚さ18mmの集成材のボードを敷き、
高さが以前より高くなって不安定なので、セッティングベースを取り除きました。
ところが、音の締りが悪くなり、特に低音部(オーケストラのコントラバスなど)の輪郭がぼやけてきたように感じたので、やっぱりセッティングベースを噛ませることにしました。
このセッティングベース、じつは仕事関係で建材メーカーが持ってきた集成材のサンプルです。ヒノキ、ナラ、ブナ、サクラ・・・と、種類はいろいろですが、
大きさが全部同じに揃えてあるので、そのままセッティングベースとして使っていました。(^^ゞ 今回、底にゴムを貼り付けました。
a0319263_050871.jpg

移設したレコードプレーヤーは、厚さ16mmのボード2枚重ねの上にゴムを噛ませて厚さ5mmのガラスを敷き、その上に置いています。
a0319263_0572814.jpg
a0319263_0573979.jpg
最初はアンプ等のラックの上に置いてみましたが、そこはキトのために空けておこうと思い この場所にしたのです。
でもキトはそこには行かず、レコードプレーヤーの上でばかり寝て、夜はレコードを聴けないので、近いうちにプレーヤーはラックの上に戻し、
今プレーヤーを置いている場所には、キトたちのために大きめのカウンターでも設置しようかと考えています。
a0319263_152236.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-31 01:19 | その他

くつろぎの場所

連日30度越えの暑い日が続きます。 モモが暑さを避けて昼間よくいる場所が北デッキ。
a0319263_22163755.jpg

庭に置いていたギボウシの鉢を、梅雨が明けたので葉焼けをしないように北デッキに移したので、ここが魅力的な場所になりました。
a0319263_2217881.jpg


昼間はたいてい出かけているココとキト、どこか涼しい良い場所を知っているとは思いますが、時々帰って来たときは結構グッタリしています。
日が暮れて家に帰って来てからは、僕の部屋のお気に入りの場所で寛いでいます。
ココは、高い所へ。テレビのスペースをとった関係で、スピーカーが高さ90cmの上にタテ置きになりました。すぐ上にエアコンがあります。
a0319263_22275944.jpg
キトは例によって例の場所。
a0319263_2228505.jpg
a0319263_2229252.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-29 22:33 |

寝る前の楽しい時間

毎晩、布団を敷いてから寝るまでのひととき、僕たち(ココ・キト・僕)は楽しい時間を過ごしています。
a0319263_23233450.jpg
a0319263_23234436.jpg

掛け布団代わりのタオルケットの上でみんなでゴロゴロ。そのままいつの間にか3匹とも眠っていたりします。
a0319263_2324396.jpg
a0319263_23243020.jpg


ところで、最近まで僕の部屋には、もう使わなくなった 地デジ前の古くてデカいテレビが窓の下にありました。
使わなくなってからも、ちょうどその上が猫たちの寛ぎの場になっていたので、ずっとそのまま置きっぱなしになっていました。
ところが今回、僕の部屋にも液晶テレビが入ることになって、部屋の窓側の部分の模様替えを行いました。(詳しくは次回)
それに伴い、オーディオも一部配置替えになりました。今度はレコードプレーヤーを窓の前に持ってきました。以前の場所では、レコードプレーヤーの前に
物がたくさんあり、なかなかプレーヤーまで行き着かず、レコードをかけるのが億劫になり、もっぱらCDばかりでした。
こんどはたっぷりレコードを楽しめます。というわけで、このところアナログレコード三昧。
ところがちょっと困ったことは、キトがプレーヤーの上をすっかり気に入ってしまったこと。
a0319263_23491633.jpg
キトが部屋にいる時はレコードがかけられません。針が飛ぶので。(^^;
a0319263_23505158.jpg
a0319263_235133.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-23 23:55 |

Requiem



               
[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-16 16:09 | その他

トンボも雨宿り

また雨が降り出した。
a0319263_2338243.jpg

トンボも雨宿り。
a0319263_23384094.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-13 23:39 |

またね

約2ヵ月という長期里帰りを終えて、きょう 次女とたっくんが、迎えに来た拓父と一緒に神奈川に戻りました。
たっくんは、この2ヵ月の間にびっくりするくらいの成長を遂げて、来た時とは全然違うたっくんになって帰って行きました。
次に会う時にはどんなたっくんになっているか、とても楽しみです。

朝の便だったので、ちょっと眠そうでボンヤリしているたっくん。(空港で) ↓
a0319263_21284518.jpg


朝、ココとキトは出かけていて サヨナラを言えなかったということでしたが、空港から戻ってしばらくしたら、一緒にいるのが窓から見えました。
a0319263_2133454.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-07-05 21:35 | その他

ノンとカニくん

朝、雨がちょっと止んで、猫たちは外へ。
a0319263_15313199.jpg
a0319263_15314211.jpg

今のうちにノンも朝の散歩。そして彼に出くわしました。

          

カニくん、門柱にへばり付いてファイティングポーズ。
a0319263_15462957.jpg

ならば、こんどは上から。

          

ノンにとってはおそらく初めての経験で、どう対処して良いのかわからない。
a0319263_165232.jpg

でも、カニくん、また地面に下りてきたので ふたたび・・・
わ、カニくんの威嚇音が。

          

最後はノンが退散という結果に。さすがのノンでもダメだったか。
そう言えば、ずっと以前、キトが同じような体験をしたことがありました。あのときは、カニくんがキトの耳元で何かささやいたら、急にキトが退散しました。 → 「不思議な出来事」

散歩がおわり、部屋に戻って窓から外を見たら、カニくんが誇らしげに門柱のてっぺんにいました。
a0319263_16183640.jpg
猫なんて ちょろいちょろい。
a0319263_16192261.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-06-26 16:30 |

レンズポーチの新活用法

僕のカメラバッグは小さいので、一眼レフだと 本体に標準ズームレンズや単焦点レンズを装着するだけでバッグいっぱいになってしまいます。
a0319263_15213411.jpg
それで、カメラを持って出かける時、望遠ズームレンズなども持って行きたい場合は、レンズポーチに入れて一緒に持って行きます。
a0319263_153023.jpg

でも最近は、このレンズポーチだけ持って出かけることが多くなりました。
これがレンズポーチだと気付いた人は、あの人はレンズだけ持ってどうするんだろうと思うかもしれませんが、
実はポーチの中には標準ズームレンズを装着したミラーレスカメラと、望遠ズームレンズが入っているのです。
a0319263_15363127.jpg
Nikon1V1 は とても綺麗に撮れるので、たいていのことはこれだけで済んでしまいます。
a0319263_15384084.jpg

a0319263_15385368.jpg
a0319263_1539241.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-06-25 15:45 | My favorite

布団乾燥機

ず~っと雨です。 こう雨が続くと 困るのは布団が干せないこと。 このところ布団乾燥機に頼ることが多くなっています。
デッキで布団を干すと、その上で寛ぐモモですが、布団乾燥機でほのかに暖かい布団の上でも寛ぎます。
a0319263_18393999.jpg
a0319263_18395290.jpg

膀胱炎も良くなっているようです。
a0319263_1840512.jpg
a0319263_1841016.jpg

[PR]
# by muuta2005 | 2015-06-23 18:45 |

こんどはモモが

雨が続きます。
a0319263_19563630.jpg

最近はよそからやって来る猫の声はあまり聞きませんが、僕の知らないところでキトは戦っているようです。
見た目ではわかりませんが、キトの体を触ってみると、頭や体のあちこちに傷のあとがあるのがわかります。
a0319263_2035463.jpg

この写真のあと、キトの顔の左半分がぷぅ~っと腫れ上がってびっくりしました。今は膿も出てしまって 元にもどっています。
a0319263_204643.jpg
a0319263_2041520.jpg

ココの膀胱炎はもうすっかり良くなりましたが、こんどはモモが。 きょう、病院へ連れて行きました。
a0319263_2017823.jpg
a0319263_20171977.jpg


たっくんは生後9ヵ月で、もちろん言葉などまだ喋れませんが、最近、ひとり遊びしながら鼻歌らしきものを歌っていたり、口笛らしきものを吹いていたりします。
びっくりします。

          
[PR]
# by muuta2005 | 2015-06-19 20:26 |

アヒルとアキ

夜中降っていた雨が上って、朝から晴れました。
a0319263_17215346.jpg

でも、湿度が高く、とても蒸し暑い一日でした。
a0319263_17231943.jpg
a0319263_17233156.jpg

a0319263_17253553.jpg
a0319263_17254571.jpg
a0319263_1725587.jpg
a0319263_17261881.jpg


6月6日の記事の中の 上から5枚目の写真 の上の方にちょこっと写っているものは何? という質問をいただきました。
あれは、マリオネットのアヒルです。 もう30年くらい前、まだ設計事務所に勤めていた頃、誕生日に同僚の女の子(当時)からもらったものです。
この家に来てから もう20年くらい僕の部屋の天井にぶら下がっています。だいぶ汚れていたので、きょう久しぶりに洗いました。
a0319263_1803237.jpg
デッキにアキがいたので ちょっとからかってやりました。(^^ゞ
a0319263_1814862.jpg
a0319263_182111.jpg



     


そして、明日は僕の62回目の誕生日・・・
[PR]
# by muuta2005 | 2015-06-12 18:36 |