<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久々 川崎ママちゃん

a0319263_1455072.jpg

朝、車で出かける用事があって、久しぶりに あの路地 に寄ってみました。
一昨年の前半はたびたび行っていましたが、母が亡くなってからは行っていなかったので、一昨年の7月以来です。
特に気になっていたのが 川崎ママちゃん。あの時既に相当な高齢猫だったけど、元気にしているだろうか。

路地に入ってすぐのカフェバーの店先にいたのは、初めて見る猫でした。
a0319263_1522047.jpg

よろしくね。
a0319263_1524364.jpg

あーちゃん発見!
a0319263_1535212.jpg

この子も会ったことがある。
a0319263_1542363.jpg

そうこうしながら歩いていると、いた! 川崎ママちゃん!
続々とおねえさんたちが出勤して来る某老舗デパートの通用門の前で日なたぼっこしていました。
a0319263_1565880.jpg

元気そうで良かった!
a0319263_157309.jpg
a0319263_1574127.jpg
a0319263_1575460.jpg

しばらく一緒に過ごしたあと、ママちゃんはおうちへ。
a0319263_159065.jpg

そして朝ごはん。食欲もあるようです。まずは一安心。
a0319263_15101780.jpg

そのお宅の反対側のすき間には こんな子も。この子も初めて。
a0319263_15115198.jpg

そして もと来た道を戻ろうとしたら、さっきのカフェバーの前の猫が変わっていました。
a0319263_15132837.jpg

君はさっきの子と兄弟? 新顔もだいぶいるみたいでした。
a0319263_15144881.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-29 15:28 |

たっくん語

一生懸命何かを伝えようとしているのだけど・・・ (^^;

          
[PR]
by muuta2005 | 2016-02-28 21:09 | その他

執念 ~ ミカンを諦めるわけにはいかない

良い天気が続いています。猫たちもノンビリ。
a0319263_17154029.jpg
a0319263_17155085.jpg
a0319263_17155990.jpg
a0319263_1716969.jpg
a0319263_17161925.jpg


昨年10月後半にやって来て 毎日何度も僕の部屋の窓に来てくれるジョウビタキのジョビリーですが、3月の中旬には大陸に帰って行きます。
あと半月。毎年のことではありますが、この時期が近付くと寂しくなります。
a0319263_1731919.jpg
a0319263_17312748.jpg


そのジョウビタキの止まり木にヒヨドリが。
a0319263_17362487.jpg

ヒヨドリはこう見えて結構警戒心の強い鳥で、近付くとたいてい逃げて行きます。
この鳥は、悪気はないのでしょうけど性格がガサツなのか、枝に刺したミカンなどをまるごと持って行こうとして落として、結局メジロなど他の鳥たちも
食べられなくなったりすることが多いので、あんまり度々来る時は 時々窓に近付いて追っ払ったりしています。 たいていはそれで飛んで行きます。
ところがこの子は、ちょっと数十センチ離れたモクレンの枝に移動するだけで 立ち去ろうとはしません。
a0319263_17494969.jpg

ココがいても この程度。
a0319263_1751835.jpg

お目当てはもちろん、メジロ・カップルやシロハラのために刺してあったミカンでした。
a0319263_17582352.jpg

これがまた、実に美味そうに食う。
a0319263_17591391.jpg
a0319263_17593780.jpg
a0319263_1759568.jpg
a0319263_1802599.jpg

あとで見たら、フクロもきれいに食べて、いちばん外側の皮だけが残っていました。几帳面なヒヨドリもいるのね。
a0319263_1823573.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-26 18:08 | 野鳥

ブレンデルのモーツァルト ピアノ協奏曲全集

a0319263_18105486.jpg



庭の狭さの割りに木が多すぎて、しかも伸び放題で鬱蒼としていた当家の庭ですが、きのう植木屋さんに来てもらって バッサリ短く剪定してもらいました。
何だかちょっと寒そうですが、庭も家の中も明るくなりスッキリしました。春になればまた新しい枝が伸びるでしょう。
a0319263_18182571.jpg

庭に住み着いているメジロのカップルも 最初は面食らっていたようですが、すぐに慣れたみたい。
a0319263_18204232.jpg
a0319263_18205563.jpg



ところで、新しいCDを買いました。アルフレッド・ブレンデルのモーツァルト ピアノ協奏曲全集。
ブレンデルのモーツァルト ピアノ協奏曲はレコードはバラで結構持っていましたが、今回は全集です。 全集と言っても、27曲のうち 5番から27番までです。
じつは、1番から4番までは モーツァルト作曲と言うよりも、他の作曲家の作品を元にした編曲作品なのです。後にたくさんの傑作を生み出すための練習みたいな。
レコード時代 この全集が出た時は とてもとても手が出ない価格だったと思いますが、今回のCD10枚セットは、amazon で 3,212円でした。
レコードもとても良い音でしたが、CDはリマスタリングが優れていて、さらに良い音になっているように感じます。
a0319263_18461566.jpg

モーツァルトのピアノ協奏曲は好きなジャンルなので、かなりたくさんのレコードやCDを持っています。特に好きな曲は、7、8人のピアニストのレコードやCDがあります。
特に多いのは、ブレンデル以外にも ロベール・カサドシュ、マレイ・ペライア、内田光子など。ほかにも、ルプー、ミケランジェリ、ポリーニ、アシュケナージなど。
でも、ほとんどが15番以降の曲に偏っています。で、僕もいい歳だし、生きているうちに全曲をじっくり聴いてみたいと思ったわけです。
モーツァルトのピアノ協奏曲の演奏は、ブレンデルとカサドシュのものが特に好きですが、カサドシュの全集はないし、ブレンデルの全集が演奏の質も録音も
優れていて、全体的に安定しているようでしたので この全集にしました。
昨日届いて ずっと聴いていますが、大満足の全集です。ブレンデルの演奏は、飾り気も力みもなく淡々としていますが、何かじんわりとした温かみを感じます。
協演のネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団も、バランスの良い引き締まった演奏で 気持ちが良いです。
a0319263_2014468.jpg

このセットは、解説書と言っても 曲の簡単な録音データが書いてあるくらいで、ディスクも紙のケースに入っているだけの簡素なものです。
ベートーベンの交響曲全集(2015-08-23) でいくつか紹介したものと同じタイプですが、コレクターズエディションと言うのでしょうか。
とにかくディスクが入っていれば良い、聴ければ良い、お金はあまりないという僕みたいなのにとってはピッタリ。
a0319263_2024574.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-22 20:33 | 音楽

布団を上げようと

掛け布団をめくったら、いつの間にかモモが潜って寝ていた。
a0319263_21154073.jpg
a0319263_21155130.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-20 21:18 |

Google Chrome の便利な機能

きょうも良い天気だったので、午後みんなで綾までドライブ。  まず、S子お気に入りの金運「金ちゃん」に挨拶。
a0319263_19123732.jpg

それから馬事公苑へ行って、たっくんに思いっ切り歩いてもらいました。
a0319263_1957168.jpg
a0319263_19571252.jpg
a0319263_19572249.jpg

S子ばあばは なぜか遊具がものすごく気に入ったようで、
a0319263_2001322.jpg

盛り上がっていました。
a0319263_2004197.jpg



ところで、ウェブページを PDF で保存する方法をネットで調べていたら、特に新たにソフトなどをインストールする必要もなく簡単に変換できる方法が出ていました。
HP や ブログなどのウェブページはインターネット上でなければ見ることはできないわけですが、ウェブページを別の形で保存して、HP や ブログがネット上から
なくなってからも記録として見ることができる方法を探していたのです。 ページをそのまま PDF にできるといいなあと思い、その方法をネットで探しました。
そしたら、Google Chrome で簡単にできると! 僕はメインのブラウザに Google Chrome を使っていますが、このブラウザには 既に ウェブページを
PDF で保存する機能が付いていたのでした。 知らなかった!

やり方はこうです。
保存したいウェブページを Google Chrome で開いて、右上の設定ボタンをクリック。
a0319263_224141.jpg

メニューの中から 「印刷(P)」を選択。
a0319263_226615.jpg

印刷画面で 「送信先」の「変更」をクリックして 「PDFに保存」を選択。
a0319263_22102556.jpg

ファイル名と保存先を指定して 「保存」をクリックすれば、PDFファイルの出来上がりです。
ブログなど、コメント欄を開いた状態で保存すれば コメントも表示されるし、リンクはそのまま使えます。
エキサイトブログは一つのページに30の記事まで表示できますが、それらをまとめて一つの PDFファイルとして保存できます。
a0319263_22151724.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-17 22:35 | その他

ココの寝顔

a0319263_21254941.jpg

かわいい。
a0319263_21261049.jpg


モモは風邪をひいていましたが、だいぶよくなりました。
a0319263_2127399.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-15 21:28 |

冬眠の二度寝

デッキでカエルの鳴き声がするので見てみたら、折れたカランコエを刺している壷の上にアマガエルがいました。壷の中で冬眠していたようです。
a0319263_1931116.jpg

もう春かなあと思って出てみたのでしょうか。
a0319263_1941641.jpg

やっぱりまだ寒いと思ったのか、また壷の中に戻ったもよう。
a0319263_1971144.jpg


天気が良いので外で日なたぼっこ。
a0319263_1982248.jpg
a0319263_1983497.jpg


ジョウビタキのジョビリーやシロハラは毎日何度もやって来ますが、このあたりでは珍しいイソヒヨドリが現れました。
a0319263_1923117.jpg

写真は撮っていませんが、今朝散歩中に住宅街でリュウキュウサンショウクイを見ました。結構近付いても逃げなかったので、じっくり見れました。
(昨年の記事、見張り隊 厳戒態勢? 2015-01-20きょうの一ツ葉入り江 2015-02-05 の中に リュウキュウサンショウクイの写真が出ています。)
きょうはモズも来ていました。
a0319263_20243566.jpg

ついでに小ムー太も。この季節になると現れます。
a0319263_2026098.jpg



天気が良かったので、午後ちょっと、近くの市民の森の梅園に行ってきました。
a0319263_20273466.jpg

歩くたっくん。
a0319263_20285313.jpg

カメは甲羅干し。
a0319263_20293255.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-10 20:53 |

君はだれ?

見慣れない猫が南隣のお宅に入ってくるのが窓から見えました。
a0319263_17485269.jpg
a0319263_1749324.jpg

すぐに見張り隊長ココが対応。
a0319263_1750169.jpg

その猫は特に争う様子はありませんでした。それどころか、とてもおとなしく、僕が触っても全然平気でした。飼い猫でしょうか。
a0319263_17522141.jpg

ココが近付くと、シッポを下げて逃げて行きました。
a0319263_17535178.jpg

そして、おとなりの家をぐるりと一周して、反対側から出てきました。
a0319263_17551557.jpg

その後、そっと立ち去りました。
a0319263_17554917.jpg

ココは匂いを確かめて追跡。
a0319263_17563744.jpg
a0319263_17564731.jpg
a0319263_1757382.jpg

でも、危険はないと判断したのか、深追いはしませんでした。
a0319263_1758372.jpg



こちらの2匹はストーブの前から離れず。
a0319263_1759147.jpg
a0319263_17591625.jpg

この時はたまたまアキが席をはずしていましたが、いつもはこんな感じ。 ↓
a0319263_1805532.jpg



きのう、次女とたっくんが帰ってきました。今回の里帰りは1ヵ月の予定。にぎやかになります。
a0319263_1823174.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2016-02-09 18:09 |

キト

あれから一週間、キトはまだ帰ってきません。

こんな時いつも思うのは、「あの時外に出さなければよかった」ということ。 ムー太の時も小夏の時も。 でもそれは、こうなってしまって言えることで、
それまでキトは8年間、ムー太は10年間、小夏は12年間一緒に暮らして、いつも通りの生活をしていた中で突然起こった出来事です。

完全室内飼いだったらどんなに安心だろうと思います。多くの獣医師も、完全室内飼いが猫にとってもいちばん良いと言っています。
たしかに、猫の安全面、健康面を考えると、その通りだろうと思います。だけど、猫たちが自由に行きたいところに行けないというのは、
幸せなのかなあといつもひっかかっています。特に、ココやキトのように元々このあたりをうろついていた野良猫ファミリーの子どもたちにとって。
もちろん、僕たちは人間の思考回路でしか考えられないので、猫たちが本当はどう感じているのかはわかりません。でも、この環境の中で
できるだけ自由に暮らせるようにしてあげたいと思っています。

猫たちを自由に外に出すということは、猫が突然姿を消す可能性があるという覚悟をいつも持っていなければならないことはわかっています。
わかってはいても、本当につらいです。 あの朝キトは、外に出る直前まで僕の布団の中で眠っていました。いつもなら庭でオシッコをして
5分くらいで帰ってきて、また布団の中に入っていたのに、あの朝は帰ってこなかった。

岩合さんの「ネコ歩き」に出てくる ブドウ畑や農場や牧場で自由に暮らす猫たちは、最後はどうなのかなあと時々思います。
人知れず消えて行く猫も少なくないんじゃないかなあ。


いや、気を取り直して・・・。 まだ一週間だ。キトは強い猫だし、まだ大丈夫。早く帰ってこい!
ムー太のことだって、まだ諦めたわけじゃない。まだ一年は経っていないし、今からでも遅くないから、ムー太も帰ってこい!


               
[PR]
by muuta2005 | 2016-02-08 23:39 |