<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ジョビッチ、敗れる?

今週は、月・水・金の3日 楽しい子ねこ園でした。
a0319263_18334688.jpg
きょうは首輪を着けていました。
a0319263_18343021.jpg
来るたびに、目に見えてパワーアップしています。
a0319263_18355146.jpg


ところで、きのうは一度もジョビッチを見かけませんでした。声は聞こえましたが、いつもよりちょっと高い声でした。
今シーズン最初に聞いたジョウビタキの声に似ています。まだ若い鳴き方のように聞こえました。
ミルウォームはちゃんとなくなっているので、いることはいるんだなと思っていたのですが、きょうの夕方、・・・
a0319263_18431100.jpg
ジョビッチ、どうやら ♀ のジョウビタキに縄張りを乗っ取られたか。  早すぎ。(^^;
この子、鳴き声通り 若い娘のようです。昨シーズンまで2年連続でやって来た しのぶちゃん とは違う鳥のようです。


ジョビッチもダメだったか・・・
a0319263_18484765.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-30 18:53 | 野鳥

かくかくしかじか

画家 日岡兼三のことを知りたくて、日岡兼三展の記事の中でもちょっと触れた 東村アキコさんの漫画 「かくかくしかじか」(全5巻)を読みました。
a0319263_22525654.jpg

漫画を読むのは久しぶりでしたが、すごくズシリとくる作品でした。東村アキコさんは、日岡兼三のことを ある意味 最も描くべき人であり、描く運命だったのだと感じました。
人間 日岡兼三のことが生々しく描かれており、最後の方では涙が出ました。僕がいるところの近くで、実際にこういうことがあったのだと、なんだかちょっと不思議な気分になりました。
日岡兼三の作品は、もっともっと多くの人に知られて良い優れた作品ですから、東村アキコさんが 「かくかくしかじか」 を描いたことは本当に良かったと思います。
日岡兼三展、もういちど見てこようと思います。
東村アキコさんの漫画は、「海月姫」 が実写映画化されていますが、「かくかくしかじか」 も映画化されるといいなあと思います。その場合、日岡兼三を演じるのは誰がいいだろう。

この漫画、僕がとてもリアルに感じたのは、見慣れた宮崎の風景がたくさん出ていたこともあると思います。それと、宮崎弁も。

a0319263_22531177.jpg
a0319263_22532335.jpg
a0319263_22533610.jpg
a0319263_22535133.jpg
a0319263_22542917.jpg

                    僕がいつもミルウォームを買いに行くお店。
a0319263_13371717.jpg
a0319263_22544440.jpg
a0319263_22545468.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-27 23:44 | 美術・アート

子ねこ園 久々

a0319263_20573123.jpg
久しぶりに子ねこ園です。朝から夕方までお預かり。
a0319263_20592227.jpg
コジローが子ねこの頃に似ていますが、女の子です。
a0319263_2103954.jpg
a0319263_2105160.jpg
子ねこが来ると、ノンがやって来ます。
a0319263_2121039.jpg
欲しくても子ねこのものには手が出せない。
a0319263_21386.jpg

a0319263_2133287.jpg
a0319263_2134511.jpg
a0319263_2141555.jpg
モモも小さいけど、それよりもずっと小さい。
a0319263_2143655.jpg
元気で人懐っこくて良い子でした。
a0319263_2153673.jpg
a0319263_21553100.jpg



ジョビッチはきょうも朝から頻繁にやって来ました。
a0319263_217519.jpg
来る回数が多いので、ミルウォームがすぐになくなりそう。
a0319263_219097.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-26 21:13 |

ジョビッチ

縄張り争いも一応の決着がついたようで、きょうからあの ♂ ジョウビタキが頻繁に僕の窓辺に飛んで来るようになりました。
a0319263_2211894.jpg
ということで、名前を付けました。 「ジョビッチ」
♂ のジョウビタキの名前には、「ジョ」 とか 「ジョビ」 というのを入れるというのが 初代の 「ボン★ジョビ太」 からずっと続いている伝統ですが、今回もそれに従いました。
何だか、テニスの世界ランキング1位の人とか、サッカーのセルビア代表のメンバーのような名前ですが。(^^ゞ
a0319263_22161764.jpg
でも、これで安泰というわけではありません。
昨シーズンの ♂ の 「ジョー・オダギリ」 は、大晦日に縄張りを ♀ の 「しのぶちゃん」 に乗っ取られました。(^^;
a0319263_22184310.jpg
がんばって 縄張りを守るそうなので、よろしく!
a0319263_2225436.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-25 22:31 | 野鳥

日岡兼三展 その1 (追記あり)

【追記】 日岡兼三の作品を http://akagenowan.exblog.jp/25755844/ にまとめてアップロードしました。

a0319263_19172382.jpg
30年以上前にディスカウントショップで買ったポップスのまがい物CD(200円くらいの ママス&パパス)が出てきました。
聴いてみようかなと思ったら、コーティングが虫食いのように剥げていました。(^^;    これはこれで、見ていて楽しい。
a0319263_19263744.jpg



きのう、画家の故・仲矢勝好さんのお宅を訪ねました。奥様といろいろお話しましたが、その中で 奥様が、
「ムー太さんは 日岡兼三という人をご存知?」 「いいえ、知りません。」
「とても素晴らしい作品を描かれた人ですよ。57歳で亡くなったんですけど。
24日から高鍋の美術館で作品展があります。ぜひご覧になって。 ムー太さんが大好きな感じの作品よ。」
ということでしたので、早速きょう 高鍋町美術館へ行ってきました。

a0319263_21113945.jpg
a0319263_21115046.jpg

おっしゃった通りでした。この人の作品、大好きです。 どれも大変密度の濃い充実した作品ばかりで、見入ってしまいました。ブルーの美しさ!
しかもこの人、僕が住んでいるところのわりと近くにおられたのでした。全然知らなかった。
それから、この日岡兼三さんのことは、漫画大賞2015を受賞した東村アキコさん(この人も宮崎市出身)の自伝的漫画「かくかくしかじか」に描かれているそうです。

                    http://matome.naver.jp/odai/2143117040205164401

                    http://www.samurise.co.jp/580


天気も良かった(と言うか 暑いくらい)ので、帰りに西都原の方にまわって、木陰でお弁当を食べました。
1週間前に NHK-BS で、田中泯さんが出演する 「トナリのウチュウ」 という番組を見ましたが、「虫の目線で」ということで、地面にカメラを置いて写真を撮ってみました。
a0319263_22265664.jpg
a0319263_22271159.jpg
落としたごはん粒に、あっという間にアリたちが群がり、またたく間に長い行列ができました。連絡の早さにびっくり。
a0319263_22302886.jpg


ジョウビタキは、まだ複数の声が聞こえます。まだ決着がつかないか。
[PR]
by muuta2005 | 2015-10-24 22:36 | 美術・アート

来た!

きのうの早朝、外でジョウビタキの声が聞こえました。外に出てみましたが、姿は見えませんでした。
慌ててミルウォームを買いに。 7時半くらいでしたが、いつもミルウォームを買う近くの D.I.Y. のお店は 早朝から開いているのです。
(しかも早朝のお客には菓子パンのプレゼントがあります。きのうはクリームパンでした。約150円の買い物だったのですが。)(^^ゞ
a0319263_17113330.jpg
帰って早速餌場を設置しました。
a0319263_17123968.jpg
でも、結局きのうは、夕方また声を聞いただけで、姿は見れませんでした。


一夜明けてきょうは、朝から何だか外が騒がしい。
a0319263_17275861.jpg
窓から見渡してみると、ちょっと離れた屋根の上にジョウビタキらしい鳥影が。 とりあえず写真を撮りましたが、遠すぎて、300mm のレンズを使っても ↓ この程度。
a0319263_17332418.jpg
拡大して見ると、ジョウビタキ♀ かな?
a0319263_17343615.jpg
さらにカメラで追って行くと。 あ!、2羽いる!
a0319263_17452978.jpg
♀ と ♂ だ!
a0319263_174641100.jpg
縄張り争いか。
ジョウビタキの哀しいサガで、ジョウビタキは一つの縄張りに1羽だけ。ツガイであっても縄張りは別々です。 だから、この ♂ と ♀、ひょっとしたらツガイかもしれません。
a0319263_17474341.jpg
♂ が優勢のようです。
a0319263_1750529.jpg
♀ を追い払った ♂ は、勝ち誇ったように屋根の上へ。
a0319263_17551652.jpg
スズメがやって来て祝福?
a0319263_1756969.jpg
そこへまたもや ♀ のジョウビタキがやってきましたが、こんどは何と、スズメが追い払いました。
a0319263_17583696.jpg
♂ のジョウビタキ、スズメを味方に付けていたのか。(^^;
a0319263_1802972.jpg
ちょっと落ち着いたのか、擁壁のピラカンサスで一息。
a0319263_1821466.jpg
ジョウビタキの大好物です。
a0319263_1831718.jpg
あちこちに向かって、しきりに大声で、“ぼくの縄張りだ” と主張しています。
a0319263_181842100.jpg
でも、なかなかすんなりとは行かないでしょう。 きょうの ♀ ジョウビタキもまだ諦めていないかもしれないし、また別のジョウビタキがやって来るかもしれません。
お正月くらいに縄張り主が変わったこともあります。鳥の世界もキビシイ。
a0319263_1823408.jpg

今年のジョウビタキもまた、ちょくちょく僕の窓辺に遊びに来てくれるようになるといいなあ。
a0319263_18251187.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-21 18:35 | 野鳥

エリック・ドルフィー

好きなジャズ・ミュージシャンはたくさんいるけど、その中でも特に好きなのが エリック・ドルフィーという人。
エリック・ドルフィーはマルチ・リード・プレーヤーで、アルト・サックスのほかにバス・クラリネットやフルートも演奏します。
今でこそバス・クラリネットを演奏するジャズ・プレーヤーはたくさんいますが、僕が知る限りでは、クラシックの楽器であるバス・クラリネットを
ジャズの主要楽器として用いたのは、エリック・ドルフィーが最初ではないかと思います。
a0319263_1229212.jpg
a0319263_12291134.jpg

エリック・ドルフィーを初めて聴いたのは高校生の頃で、FMから流れた「Number Eight」でした。
はじめ、「何だろう、この音楽は!」と 呆気にとられましたが、カミソリのように鋭い切れ味のアルト・サックスのソロにとても魅かれました。
その演奏が忘れられず、レコードを買いました。
a0319263_12304554.jpg
このレコードは、エリック・ドルフィーと トランペットのブッカー・リトルの双頭のクインテットの演奏で、リズム・セクションは、マル・ウォルドロン(p)、
リチャード・デイヴィス(b)、エド・ブラックウェル(ds)。1961年7月16日、ニューヨーク、ファイヴ・スポットでのライブを収録したものです。
曲目は、A面「Number Eight」、B面「Booker's Waltz」の2曲だけですが、十分に濃い内容のレコードです。
このレコード、何度聴いたことかわかりませんが、このライブでメンバー5人とも鬼気迫るようなものすごく充実した演奏をしています。
あとからいろんなことを知りましたが、このメンバーで演奏したのは ほんの短い間でした。クインテットを組んだその年の10月にブッカー・リトルが
急逝したからです。23歳という若さで。 その3年後、エリック・ドルフィーも36歳で亡くなりました。
2人の天才を擁した双頭クインテットの活動期間がそんなに短かったのは本当に残念ですが、このファイヴ・スポットでのこの日のライブ演奏は
PRESTIGE レコードにより記録され、3枚のLPになって残りました。
a0319263_1232971.jpg

ブッカー・リトルも、その若さが信じられないくらいとてもうまくて優れたトランペッターです。クリフォード・ブラウンを彷彿させます。
エリック・ドルフィーも基本はチャーリー・パーカーでしょうが、思いっ切り自由でハジケテいます。でも彼のジャズはフリーフォームジャズでは
ありません。ビーバップのスタイルにきっちり納まりながら、どこまでも自由です。決まった枠の中で自由にやる。
枠の大きさと その中でやれることの自由度とは比例しない。決まりごとがあると自由にはできないということではない。
クラシックでは、演奏家は皆同じ楽譜で演奏したとしても、同じ演奏はない。作曲家は、ソナタ形式という決まりごとの中でもどこまでも自由を膨らませられる。

この奇跡のようなコンボが、ブッカー・リトルの死で わずか数ヶ月しか活動できなかったとは・・・。
「Number Eight」の演奏中、ベース・ソロの途中でかすかに電話のベルの音が聞こえます。(レコードでは聞こえたのだけど、CDや Youtube では
よく聞こえませんが。) 1961年7月16日のこの演奏の最中に ファイヴ・スポットに電話をかけた人がいたんだなあ。友だちが来ていないか聞いたのか、
または、「もうエリックの演奏は始まったかい?」「今まさにやってるよ」と、受話器をステージに向けた とか、いろいろ想像したものでした。

          「Number Eight」 → https://youtu.be/u0EL5d59u_4
a0319263_12331024.jpg

エリック・ドルフィーが実際に演奏をする映像を見たのは、Youtube が初めてです。ジョン・コルトレーンのクヮルテットに加わって「Impressions」を演奏
していました。コルトレーンのソロに続いてソロをとったドルフィーは、画面がくすんでいたせいもあるかもしれませんが、地中から這い出してきた悪魔が
いともたやすく この曲に強烈なスパイスを加えたように見えました。

                    

エリック・ドルフィーの演奏は、フルートも良いのですが、バス・クラリネットでのプレイがたまらなく好きです。

                    

エリック・ドルフィーのスタイルを真似てみようとしたミュージシャンはたくさんいたそうですが、エリック・ドルフィーのようにやれたという話は聞いたことがありません。
形は全然違いますが、モーツァルトみたいです。   「いかにも美しく、親しみやすく、誰でもまねしたがるが、一人として成功しなかった。
幾時か誰かが成功するかもしれぬというようなことさえ考えられぬ。元来がそういう仕組みにできあがっている音楽だからだ。はっきり言ってしまえば、
人間どもをからかうために、悪魔が発明した音楽だ。」(エッケルマン、「ゲエテとの対話」 1829年)

死の3週間前に録音されたアルバム、「LAST DATE」。もともと放送のための録音で、レコード化の予定はなかったそうですが、ラスト・アルバムとして
発売されました。  エリック・ドルフィーにしろブッカー・リトルにしろ、あまりにも短い人生ですが、その短い間に、強烈で偉大な伝説をつくりました。

          「LAST DATE」 より 「Epistrophy」 → https://youtu.be/XUvz0FJzB_s
a0319263_13152484.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-18 13:47 | 音楽

いよいよこの季節

最近、窓からの景色を注意深く観察しています。10月はジョウビタキがやって来るので。
今年は男の子かな、女の子かな。今年も仲良くなれるかな。 そんなことを考えながら眺めています。

今朝、窓を開けると。
a0319263_1583295.jpg
お向かいのフェンスの上にトカゲが。
a0319263_159654.jpg
おはよ。
a0319263_1593053.jpg


昼間も半袖Tシャツではちょっと寒くなってきました。
a0319263_15101075.jpg
a0319263_15102037.jpg
a0319263_15103329.jpg
a0319263_151048100.jpg


例のちっちゃいダンボールに、きょうはノンが無理やり入っていました。
a0319263_15121446.jpg
a0319263_15122344.jpg
なんぼなんでも狭いじゃろ。
a0319263_1513097.jpg

[PR]
by muuta2005 | 2015-10-12 15:20 |

三毛猫のかつ枝 ふたたび

このまえの日曜日の朝、窓を開けると、冷たい空気と一緒にほのかな良い香りが部屋に流れ込んできました。
庭を見ると、いつの間にかキンモクセイが満開になっていました。
a0319263_1564114.jpg
a0319263_1565095.jpg

良い香りだね。
a0319263_1573462.jpg
a0319263_1574525.jpg
風に乗って部屋の中にも良い香りがいっぱいに広がります。 ここ数日、とてもさわやかな気分です。
a0319263_15103724.jpg
庭の外の通りにも香りは広がっています。
a0319263_15112770.jpg
a0319263_15113985.jpg
ついでに・・・、2階にも。
a0319263_15121735.jpg


先日、電話機を新しいものに取り替えました。その空き箱、猫にはちょっと小さいかなと思いましたが、一応置いていたら、チビ猫が入っていました。
a0319263_1515946.jpg


おとなり(南隣り)に新しい家族が引っ越して来られました。まだ小学校前の子供が3人(6歳4歳の男の子と2歳の女の子)がいて、毎日楽しそうな賑やかな声が聞こえてきますが、
きのうの夕方、その3人がやって来て、「みかん狩りに行ったよ!」と みかんを持って来てくれました。 とてもうれしい大切なみかん、まずは仏様にお供えしました。
a0319263_15271423.jpg



ところで、きのう 「excite.ニュース」 を見ていたら、あの 「あまちゃん」 に出ていた 三毛猫のかつ枝 の記事が出ていました。
あの猫は、「ドロップ」 という名前の女優猫で、10/10(土)公開の 『先生と迷い猫』 という映画に出ているのだそうです。 面白そうな映画です。
ちなみに、「ヨルタモリ」 で いつも スナック「WHITE RAINBOW」 の前の路地にいた猫もこの 「ドロップ」 だったのだそうです。

http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20151008/E1444234809227.html



          



上の予告動画を Youtube で見ていたら、ほかにもいろいろ映画を見つけました。
荻上直子監督の 「レンタネコ」。ちょっと前にBSで見ましたが、面白かったです。 → https://youtu.be/b2yA1QcRqnc

それから、なつかしい映画を見つけました。 「フライド・グリーン・トマト」。今は亡きジェシカ・タンディ主演の映画です。
ジェシカ・タンディのお婆さん役がとても好きで、モーガン・フリーマンと共演の 「ドライビング Miss デイジー」 とこの 「フライド・グリーン・トマト」 は、僕が最も好きな映画です。
Youtube の 「フライド・グリーン・トマト」 は、画質もとても綺麗で、日本語字幕付でした。 → https://youtu.be/HoSz6QTn9-k
[PR]
by muuta2005 | 2015-10-09 16:48 |